大好きな風俗嬢と夜な夜な楽しんだ

絹のような肌の童顔風俗嬢がかわい過ぎる

童顔の風俗嬢って肌まで綺麗な気がしますね。先日使ったデリヘル嬢に関しては、とても幼い顔をしていました。顔だけなら本当に大学生よりも若いくらいの子に見える感じ。実際には20歳と言っていたから、そこは安心してプレイできました。何よりその子の魅了は、絹のような肌をしていることなんです。手が触れると、スベスベな肌に吸い付く感じがして、それがまた気持ち良いんですよね。肌が綺麗ということもあって、さらに僕も楽しめる要素が大きいなと思いましたね。プレイ自体は結構シンプルなものでしたが、彼女の身体に触れることができただけでも相当良かったかなと思います。そこもぜひチャレンジして欲しいところです。これから使う人は、童顔の子を使って、肌の美しさも楽しんでみてください。プレイ内容は、オプションを使ったらもっともっと楽しめるんじゃないでしょうか。僕の場合はイけたらそれで良いですが、好みのプレイをやってみたらもっと楽しめるでしょうね。

女性画像

もっちりむっちりな身体のデリヘル嬢

もっちりむっちりなデリヘルの風俗嬢がやってきた。新宿の自宅の扉を開けると、そこに立っていたのは、ちょっとふくよかな女の子。服装は夜にしては薄着で、寒そう。「とりあえず中に入って」と僕は言う。彼女も頷きながら部屋に入ってくる。「今日は使ってくれてありがとう!ちょっと店に電話するから待ってて」と言われる。コースとかも決めていたから、そこはスムーズだった。シャワーに入り、イチャイチャしながらお互いに身体を洗う僕ら。もちろん、それもプレイの一環。しばらくシャワーを堪能し、その後はベッドで本格的なプレイ。まずは手コキから。その後はフェラ、素股と続く。相手のもっちりむっちりな身体を見ていると、異様に興奮してくる。その肌の白さはもちろん、触れると柔らかいおっぱいももちろん。アソコはすでに濡れていて、もう愛液が止まらないという感じ。淫乱でちょっとセクシーな彼女とのプレイは、僕の思い出に深く刻まれた。こういうプレイなら、もっともっと使いたいと思う。
https://ranking-deli.jp/8/area28/

風俗嬢のご奉仕プレイを経験して早漏を改善

付き合った彼女にはすぐにばれるんだけど、俺は早漏でいつも彼女にご奉仕プレイをやってもらうと数分で射精してしまう。彼女はすぐに終わってくれるから楽でいいと言ってくれるんだけど、出来れば長い時間気持ちよくなっていたいしすぐに射精してしまうのは情けなく感じる。そこで、射精を我慢する方法がないか調べてみたところとにかく経験を積んだほうがいいとある掲示板に書いていた。経験を積むということは、とにかくたくさんの女性の愛撫を受ければいいと言うことだと俺は解釈したので、定期的にデリヘルを頼むようになった。でも、デリヘルを頼んで家に来てくれる風俗嬢は、俺があまりにも早く射精するからいつも驚いた表情で小さくなった肉棒を眺めていた。でも、射精後も風俗嬢が攻めてくれていつも3発ぐらいまでは頑張って射精するようにしている。初めはあきれ顔で愛撫していたのに3回目の射精になると風俗嬢もイキイキとした表情に変わっていた。最近は少しだけ我慢できるようになった。

最初から最後まで癒してくれた初風俗体験

最初から最後まで癒されるのが、デリヘルだと思います。部屋にガチャッと入ってくるところから、夢のような時間は始まります。僕の場合、風俗はデリヘルを使うことが多いです。そもそも初めて使ったのがデリヘルだったから、それからずっと風俗はデリヘルを使っています。結局は、慣れているところを使った方が良いってことですね。色々な内容があるから、まずは自分に最適なものを見つけていくと良いです。僕の場合は手コキと... この記事を全部見る

素人童貞にも優しい!

信じられないくらいに素晴らしい接客をしてくれるのがデリヘルです。自分は素人童貞なんですが、今回そんな自分に対してもめちゃくちゃ美人な風俗嬢がしっかりと相手をしてくれました。彼女は見た目がとにかく素晴らしく、そこらへんで歩いているような女の子とはレベルが全く違うんです。歩いていても間違いなく男性が振り返るようなレベルですので自分としては本当に出会えてラッキーというような感じです。自分自身でいろん... この記事を全部見る

69を熟女と初体験してきたので報告

69を熟女と初体験してきましたよ。なんで69をやったのかって言ったら、興味があったからなんです。昔からクンニするのが好きだったのですが、自分も気持ち良くなりたいですよね。そういう時にこそ、この手のプレイが使えるんじゃないかなって思ったんです。熟女風俗にした理由は、単純に地元をエリアにしているデリヘルがあったから。熟女ってところは引っかかったけれど、それでもプレイが楽しめるなら良いかって思ったんです... この記事を全部見る